たわしのような

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お腹の下のフンボルト雛  

2013/1/4(金)
下関市立しものせき水族館 海響館のフンボルトペンギンです。

出発前に見た海響館のブログで、
アクリルドームそばの巣穴で、フンボルトペンギンの雛が見られる!
とあったので、開館後すぐのペンギン村へ。

アクリルドームへの入口に看板がありました。

Humboldt190

そっとのぞいてみると、いました!
お腹の下に何か柔らかそうなものが。

Humboldt191

雛が動かないかな~、出て来ないかな~と、
じっと見ていると、不審な気配に親鳥が気付いたようです。
目を開けました。

Humboldt192

雛は時々、もぞもぞと動いているのですが、
親鳥のお腹の下から出てくることはなく・・・
全身を目にすることは、残念ながらできませんでした。

Humboldt193

いい大人が一人でアクリルドームに入るのもね・・・と、
今まで入ったことがなかった設備でしたが、
こんなに近くで見られるとは知りませんでした。

次の繁殖シーズンも、ここで子育てしてくれるといいな。

スポンサーサイト

category: humboldt

tag: 海響館 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。