たわしのような

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バケツの中のケープ雛  

2014/3/16(日)
東北サファリパークのケープペンギンです。

まだ小さな雛の、体重測定の様子を見せて頂きました。

African265

小さなバケツにすっぽり入って、
周りをきょろきょろと見回しています。

African266

バケツの淵にくちばしをのせています。

African267

まだ羽毛が短いですね。

African268

時折、身を乗り出してみたり。

African269

横から見ても、上から見ても可愛いのです。

African270

こんなに近くで小さな雛を見られて、とても幸せでした。

African271

おぼろげな記憶と不確かなメモから、恐らくは、
この子は2月下旬生まれの池田さん・薄井さんの雛かと思われます。

間違っていたらごめんなさい。
やはり記憶に新しいうちにアップすべきですねえ・・・

スポンサーサイト

category: african

tag: 東北サファリパーク 
tb: --   cm: 0

ふわりと浮くフンボルト  

2014/3/15(土)
アクアワールド茨城県大洗水族館のフンボルトペンギンです。

3か月以上も放置してしまいました・・・
お久しぶりです。

記憶もおぼろげな昨年3月の大洗。
フンボルトペンギンの亜成鳥が2羽、楽しそうに泳いでいました。

Humboldt363

プールの底で揺らめく影が気になる様子。

Humboldt364

くちばしでつんつんしながら、立て泳ぎ。
総排泄口が丸見えです。可愛い。

Humboldt365

羽毛の間から押し出された空気が、
尾羽の先から泡になって登って行きます。

Humboldt366

浮力に従って、ふわりと浮きあがるのも楽しんでいるようでした。

Humboldt367

フリッパーと足が可愛いです。

Humboldt368

丸まった背中。

Humboldt369

ある程度浮いてくると、
また、フリッパーを羽ばたかせて潜るの繰り返し。

Humboldt370

力を抜いて浮上していたら、バランスを崩してお腹を上に、
裏っ返りそうになって、体勢を立て直したところです。

Humboldt371

ちょっと慌てたような様子がとても可愛らしかったです。

category: humboldt

tag: 大洗水族館 
tb: --   cm: 0

雪とキング2  

2014/2/8(土)
葛西臨海水族園のキングペンギンです。

ゴールデンウィークも終わり、立夏も過ぎたというのに、
いまだに昨年の雪の話です。
暑くなってきたので涼しくなって頂ければ、と言い訳。

こちらでご紹介したように、雪山を下山したキングたち、
全員そろって行進していました。

King874

フリッパーを開いてぺたぺたと。

King875

立ち止まって体を揺すり、積もった雪を振り落とします。
左右の端の2羽の首元のぷるぷる感!

King876

向かって右端のソラ、
興味深そうにしきりに首を伸ばしていました。

King877

引きで見るとこんな感じ。

ところで画面左手寄り、1羽のフンボルトが、
まさにプールに落ちて行くところです。

King879

奥も探検してみようかな?

King878

ソラだけ、よじ登りました。

King881

引きで見るとこんな感じ。

King880

ソラが一番楽しそうでした。雪をパクパクしている様子です。



category: king

tag: 葛西臨海水族園 
tb: --   cm: 0

雪とイワトビ  

2014/2/8(土)
葛西臨海水族園のイワトビペンギンです。

イワトビたちは、岩場の上にたたずむ個体が多いようでした。

Rockhopper263

じっとしていると、雪が降り積もって行きます。
こちらの写真と・・・

Rockhopper264

こちらの写真の間は、20分弱しか経っていないのに、
背中が白くなっています。

Rockhopper265

並ぶイワトビたち。

Rockhopper266

パリパリの背中。

Rockhopper267

降ってくる雪をパクパクしているイワトビもいました。



category: rockhopper

tag: 葛西臨海水族園 
tb: --   cm: 0

雪とフンボルト  

2014/2/8(土)
葛西臨海水族園のフンボルトペンギンです。

引き続き、季節外れの雪の話題です。

普段はたくさんのペンギンたちのいる岩場は、
ご覧の通り、閑散としていました。

Snow03

フンボルトたちは、多くがプールの中にいました。
水の中の方が暖かいのでしょうか?

Snow02

しかし、中には岩場を探検するフンボルトも。
雪上に残された、足跡が可愛らしいです。

Humboldt357

振り返って、プールを見下ろしているようです。

Humboldt358

引きで見るとこんな感じ。
果敢なフンボルトがどこにいるか分かりますか?

Humboldt359

しばらくすると、岩場を下りはじめました。
慎重に身を屈めて。

Humboldt360

足跡を残しながら進んでいきます。

Humboldt361

ちょっと滑りそうになりながらも、持ちこたえました。

Humboldt362

category: humboldt

tag: 葛西臨海水族園 
tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。